最新の展覧会

楽茶碗と京の華

2019年1月11日(金)~3月24日(日)
月曜休館 ※ただし、1月14日、2月11日(月・祝)は開館

展覧会概要

侘び茶が創始された桃山時代、和物のうつわは茶道具の主流として躍り出ました。その中でも筆頭格に挙げられるのが、京の楽茶碗です。千利休の手ほどきを受けた楽家初代・長次郎(ちょうじろう)が、土味を生かした手づくねのうつわを創り出したことから始まります。楽家歴代のやきものは、茶の湯において「一楽二萩三唐津」と呼ばれるように、その圧倒的な存在感により、現代まで、茶人たちを魅了し続けています。

その一方で、唐津・高取などの九州茶陶や中国陶磁の模倣から始まった京焼ですが、野々村仁清(ののむらにんせい)や尾形乾山(おがたけんざん)といった名工たちによって、伝統的でありながら革新的な作品が生み出されてゆきます。

本展覧会では、楽家歴代の名品とともに、京の都に華ひらく京焼の優品、京の茶陶をご紹介します。茶掛第一とされる墨跡や京の雅を映し出す書画もあわせて展示します。

  • 赤楽茶碗

    赤楽茶碗 銘 僧正

    長次郎 桃山時代 出光美術館

  • 黒楽茶碗

    黒楽茶碗 銘 此花

    道入(ノンコウ) 江戸時代前期 出光美術館

  • 色絵梅花文四方香炉

    色絵梅花文四方香炉

    野々村仁清 江戸時代前期 出光美術館

白磁壺

続古今集和歌巻(部分)

松花堂昭乗 寛永14年(1637) 出光美術館

イベント情報

列品解説のお知らせ 
事前の申し込みは不要・入館料のみ

2019年
113(日)、
127(日)、
210(日)、
224(日)、
310(日)、
324(日)

いずれも午前11時、午後2時より

講演会のお知らせ 
事前の申し込みが必要/定員制・有料

日時
2月23日(土)午後2時~3時30分
演題
「入門 楽茶碗─楽家代々のうつわ」
講師
金子馨(出光美術館学芸員)
会場
当館イベントホール
定員
120名
聴講料
800円(入館料込み)

定員になり次第締め切らせていただきます。
電話でお問い合わせください。